開店休業 インデックス投資Way

霞が関で働く国家公務員が、資産運用・NISA・iDeCo(個人型確定拠出年金)など、おカネについて綴ります。

インデックス投資

職場でインデックス投資のススメを説いたよ!しかし皆の反応は…

私の職場では、週に1度、課員全員が参加する課内会議が開かれます。 そこで、その週の予定や抱えている懸案などを報告し合うのですが、会議の最後に「3分間スピーチ」というものがあります。

低コストファンドへの乗り換えはしないぞ多分、という話

現在、私には、毎月積み立てているファンドとは別に、特定口座で保有し続けているファンドがいくつかあります。 これらファンドの中には、今となっては信託報酬が比較的高めのものも散見されます。「いったん売ってより低コストのファンドを買い直そうかしら…

SBI証券で「毎日積立」が可能に!さて、私はどうする?

SBI証券から「投信積立サービスの機能大幅拡充」の発表がありました。 拡充内容は大きく分けて3つあります。

夫婦で仲良く資産運用、でもその内実はバラバラなのよ

先日、以下の記事で予告したお話。 我が家では、夫婦ともに投資・資産運用をしています。

もしも4つの要素でリスク許容度が測れるなら

インデックス投資をする上での最重要キーワードの一つに「リスク許容度」というものがあります。 「己のリスク許容度を把握しておき、時折、ポートフォリオのリスクがその範囲内に収まっているかをチェックすること」は、どんな暴落が起こっても投資を続ける…

積み上がった位置づけ不明金をどう扱う?

ひとつ前の記事で、今年7月時点の資産状況をチェックしました。

再考、なんのために投資をするのか

インデックス投資を行うようになって早10年。改めて「自分はなんのために投資をするのか」を考えてみたいと思います。

新興国株式・先進国株式クラスで「たわらノーロード」に乗り換えました

久しぶりに積立買付を行っているファンドを変更しました。きっかけとなったのは、柴崎シュンスケさんの次の記事です。

今更ながらSBI証券の「投信積立銀行引落サービス」は便利だ

最近、ブログのネタをあれこれと考えるあまり、投資そのものがすっかり疎かになっていました。曲がりなりにもこのブログの中心テーマは投資のはずなのに…。 しかし、「疎かになっていた」といっても、投資という行為を一切していなかったわけではありません…

シン・アセットアロケーションを公開

今年2月、以下の2本の記事で保有ポートフォリオの「リスク」を確認しました。 その記事の中で、私は次のように記していました。 最後に。今回、リスクを確認すべく、あれこれ作業したり、いろんなブログを拝読したりするうちに、また目指すべきアセットアロ…

そうだ リスク、確認しよう(後編)

前編では、いま私が保有しているポートフォリオの期待リターンとリスクをはじき出しました。 期待リターン (年率)5.60 % リスク (年率)18.19 % 詳細はグーグル先生に委ねたいと思いますが、統計学の理論では、「正規分布をなす標本の平均値からの数値の…

そうだ リスク、確認しよう(前編)

投資を始めて10年選手になる私、恥ずかしながら、これまで自分の資産のリスク*1というものを指差し確認したことがありませんでした。 ブログを開始して以降、先輩ブロガーの記事をいくつも読むようになりましたが、多くの方が、投資するにあたり、ちゃんとリ…

人の投資に歴史あり

ご多分に漏れず、私の周りには投資をしている人をほとんど見かけません。 投資をしていることを人前で話すことではほとんどないのですが、たまにそうした話題になると、先輩からは「『買いだ、買いだ~!』とかやってるの?」とからかわれ、後輩女子(かわい…

インデックスファンドの積立とトランプ・ショック

私は、数年前から毎月一定額の投資信託を積立購入しています。投資信託にも様々な種類がありますが、自分が買うのは「インデックスファンド」に限定しており、現在の積立中の投資信託(ファンド)については以下のとおりです。 〈購入・換金手数料なし〉ニッ…