読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開店休業 インデックス投資Way

霞が関で働く国家公務員が、資産運用・NISA・iDeCo(個人型確定拠出年金)など、おカネについて綴ります。

「iDeCo」で自分年金をつくる(朝倉智也著)を読了

モーニングスター」の代表取締役社長、朝倉智也氏のiDeCo本を読みました。 新書です。

恥ずかしながら私、「モーニングスター」という会社の存在は認識していたものの、実際に何をしている会社かは知りませんでした。

本書を手に取ったのを機に初めてウェブサイトを拝見しました。会社の事業内容として「金融情報サービスの提供」とあり、実際にも投資信託などに関する様々な情報が掲載されています。さらに、朝倉社長のトップメッセージの冒頭に、

当社は「中立・客観的立場から豊富で偏りのない金融情報を提供し、投資家主権の確立に貢献していきたい」という設立当初からの一貫した理念に基づき、これまで事業を拡大してまいりました。

とあり、これでようやく「モーニングスター」という会社について具体的なイメージを持つことができるようになりました。今となっては、どうしてこれまでこんな有益な情報源を知らなかった(知ろうとしなかった)んだろう、といった気持ちです。

初心者でなくても楽しめる本!

さて、本書は、iDeCoの実践的な入門書でありながら、上・中級者にも読み応えのあるウイングの広い本であると思います。そして特徴的なのが、モーニングスターの社長ならでは!という内容が盛りだくさんであること。

例えば、金融機関(運営管理機関)の選び方に関し、同社が手数料・商品の品ぞろえ・サービス等を総合的に評価した金融機関ランキングが掲載されています。ここまで踏み込んだiDeCo関連書籍は他にないのでは。これに加え、同社のウェブサイトから最新の情報を入手することで、これからiDeCoを始める人にとっては、もはや金融機関選びに迷うことはなくなるのではないかと思います(個人的にはSBI証券楽天証券以外の選択肢は想定しがたい気もしますが)。

また、ポートフォリオを組むにあたり、毎月の積立額、積立期間、目標金額等を入力することにより必要な運用利回りをはじき出せるという、モーニングスターのツール(金融電卓)が紹介されています。闇雲に積立投資を続けている私は、思わず「そういえば自分の目標金額ってどのくらいだろう?」と考え込んだのでありました(答はすぐに出なかった…)。

そして極めつけは、上級者向けの「究極の分散投資」のポートフォリオの推奨。とてもマニアックで面白かったです。私はまだまだここまでのポートフォリオを作り込む知識も余裕もありませんが、「こんなインデックスファンドもあるのか」と知れたことは、新しい世界を見た気分で大きな収穫でした。

モーニングスター、これまで不思議とご縁がありませんでしたが、これからサイトやツールを活用していきたいと思います。

所有しているクレジットカード達をご紹介(後編)

私が所有している4枚のカードを紹介する記事の後編であります。前編はこちら。 

3.SBIカード~SBIポイントの現金交換レートがUP~ 

www.sbicard.jp

かつて1.2%という高いポイント還元率に魅力を感じて申し込んだものの、その後還元率が0.5%に下がり、今となっては普段の買い物で利用することは皆無です。サービスが改悪されたときは、ネット界隈でもちょっとした騒ぎとなりました。私もこのときにポイント還元率だけでカードを選ぶことの危うさを学んだのでありました。

しかし、SBI証券投資信託をある程度保有している人は、このカードを持っておいて損はないと思います。すなわち、SBIカードの会員限定で、SBIポイント(SBIグループの共通ポイント。SBI証券の投信マイレージサービス*1でも獲得可能)の現金交換先に住信SBIネット銀行を指定すると、現金交換レートが120%(10,000p=12,000円)になるという特典があるのです。

少し複雑ですが、このカードを持っていて、かつ、住信SBIネット銀行の口座があれば、SBI証券の投信マイレージサービスで付与されるSBIポイントを高レートで換金することができるということです。

こうしたことから私はSBIカードを持ち続けているのですが、一つ注意点があります。それは、年会費が972円かかるということ。年間10万円以上の利用で次年度の年会費が無料となりますが、ポイント還元率の低さゆえ、メインで利用するのはあまりにMOTTAINAI

このため、SBI証券投資信託保有している方でも、その残高次第ではこのカードを持たないという選択肢も当然にあると思います。

4.エクスプレスカード~新幹線の予約のためだけに所持~

 (埋め込みのリンクが貼れませんでした。サイトはこちら

JR東海が発行しているカードです。私は帰省の際に東海道新幹線に乗るので、そのネット予約サービス「エクスプレス予約」を利用するために所持しています。現在、エクスプレス予約以外で使うことはなく、新幹線の特急券だけこのカードを使って購入しています。

予約変更も携帯(ガラケーでも!)で簡単にできたりと、それなりに重宝するのですが、カードの年会費が1,080円かかるという点がネック。年をとるにつれ帰省も年に1回あるかないかという頻度になっており、いまいちコスパが良くないなあと思っています。

そんな中、5年ほど前に「プラスEX」なる新サービスが誕生しているようです。これは、エクスプレスカードを持たなくても、手持ちのカードでネット予約ができるというもので、年会費540円。一瞬「こ、これだ!」と思ったのですが、その「手持ちのカード」にも一定の制限があるようで、残念ながら私のその他のカードはサービスの対象外でした。

いずれにしても年会費がかかるので、JR東日本の無料ネット予約サービス「えきねっと」などと比べると、とても殿様商売なサービスといえます。しかし、私にとって東海道新幹線のネット予約は必要不可欠であり、これからもこのカードをやむなく持ち続けるほかありません。

 

ポイントを求めて三千里の「流浪のカード旅」はもうしない

これまで、高いポイント還元率のカードを求めて、2回ほどメイン利用のカードを替えたりもしましたが、その都度、電気・ガス・水道の各会社にカード変更の申込みをするなどかなりの手間がかかっていました。今、メインで使っているエポスカードに不満はないので、会社自体がなくなるとか、余程のことがない限りはこのまま使い続けることになりそうです。

*1:投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まるポイントプログラム

所有しているクレジットカード達をご紹介(前編)

今、私が持っているクレジットカードは次の4枚です。

昔は三井住友VISAカード、ルミネカードなども持っていましたが、整理して今の姿となりました。それでも4枚という数は多いのかもしれませんが、管理に苦労している自覚はありません。これらのカードについて、それぞれの用途やメリットを紹介したいと思います。

 

1.エポスカード~メインで利用~

www.eposcard.co.jp

妻が使っていて、何となく便利そうだったので自分も申し込むことにしました。自分の4枚のカードの中では最も新参者のカードですが、今や個人的な支払いの際にはメインで利用しています。

使い始めて数か月、ゴールドカードのインビテーション(招待状)が届きました。招待を受けてゴールドに切り替えた場合、年会費5,000円が無料となるので、空港のラウンジ利用などのメリットを受けられるようになってもコストはゼロのままであり、とてもお得です。インビテーション発行の基準は非公開のため不明ですが、利用期間や利用額が影響していると言われています。ひょっとすると契約者の職業も関係しているかもしれません。

ポイント還元率は0.5%と他と比べて見劣りするものの、ゴールドカードであればポイントが貯まりやすくなる仕組みになっていて、例えば次の2つはなかなかのメリットだと思っています。

  • 一年間で合計100万円のカード利用をすると、10,000円相当のポイントがもらえる
  • 対象ショップの中からよく利用するショップを登録すれば、カード利用時のポイントが最大3倍になる(私の場合、公共料金を登録)

2.ポケットカード~夫婦共通の支払い時に利用~

www.pocketcard.co.jp

我が家では夫婦共通や子どものための支出については、共通のカード・家族カードを用いて、共通の銀行口座(夫婦で預金を拠出)から引き落とすようにしています。

ポケットカードの特長は、「ポイント」という概念がなく、請求額の1%がキャッシュバックされるという、とても潔くてシンプルなもの。このため、ポイントを使って換金する手間を考えれば、むしろ「ポイント還元率1%」以上にメリットが大きいといえます。

 

続きは後編にて!

竜虎相搏つ手数料改定 SBI vs 楽天!

これまで、多くのブロガーが取り上げるニュースのことは極力記事にしない方針でおりましたが(レッドオーシャンを避けるため、というか、単に先輩ブロガーより付加価値の高い記事を書く自信がないため)、今日の出来事は書かずにはいられません。

待っていましたSBI!

まず、今朝、スマホツイッターアプリを立ち上げると、タイムライン上に、SBI証券が6月からiDeCoの運営管理手数料をゼロにする旨の記事が目に飛び込んできました。かつて、楽天証券より手数料の面で劣っていたSBI証券をあえて運営管理機関として選択した私としては、「ついにやってくれたか、信じていたよ!」と小躍りしたくなる気分でした。公式サイトの発表は次のとおり。

2017/5/19(金)より、SBI証券iDeCoは、新料金体系に生まれ変わります。運営管理機関としての当社が受け取る手数料に関して、加入時・移換時の口座開設手数料に加えて、口座管理手数料も残高に関わらずどなたでも無料とさせていただきます。
これから口座開設される方はもちろん、すでに当社のiDeCoをご利用いただいているお客さまにとっても嬉しい「当社への手数料0円」にてサービス提供させて頂きます!

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

 

えっ、楽天が即座に追撃…だと?

そして、その日の夜、同じくツイッターアプリを開いたら、今度は楽天証券が運営管理手数料を18日から無条件で無料にしたとの驚きの記事が!もちろん日経の見出しには「SBI証券に対抗」との文字。公式サイトはこれであります。

本日(5月18日)から、すでにご加入いただいている方を含め、個人型確定拠出年金の運営管理手数料が0円になります。
確定拠出年金の残高もしくは拠出額累計が10万円以上という無料条件がなくなり、すべてのお客様が対象になります。

iDeCo運営管理手数料 条件なしで無料化決定! | 楽天証券

 

口座管理手数料無料化の意味するところ

「鎬を削る」というのはまさにこういうことを指すのでしょう。しばらくの間、手数料が無料となる条件が「SBI証券:残高50万円以上」「楽天証券:残高10万円以上」という、「手数料戦線異状なし」の状態が続いていましたが、山が動くときは突然、一気に動くものなのですね。面白い現象を見た一日となりました。

口座管理手数料は毎月の掛金から差し引かれるため、運用額の規模にも影響します。月々324円というわずかな額かもしれませんが、長期的に見たら馬鹿になりません。そういう意味でも、今回の手数料改定合戦はとてもすばらしいことだったと思うのです。

感謝をこめて花束を!

私の場合、先月からiDeCoでの運用がスタートしているわけですが、SBIベネフィット・システムズのiDeCo加入者サイトがスマートフォン対応となっておらず、「見づらいなあ」と不満に思っていました。

しかし、その考えは改めねばなりません。SBI証券は、月に1回見るかどうかの、むしろ頻繁に見る意味も乏しいサイトの開発と維持に資金を投じる前に、待望の手数料の改善を優先させてくれたのです。おそらく勝手な解釈に違いありませんが、SBI証券とその中の皆さん、どうもありがとう。

マネーフォワードその後

GW中に「マネーフォワード」を何となく始めた私ですが、その後の試行錯誤の成果を3点、記しておきたいと思います。ちなみに前回の記事はこちら。

unicorn5.hatenablog.com

 

1.入出金履歴のダブルカウント問題は無事に解決!

「ダブルカウント問題」とは、入出金履歴において、クレジットカードを使って買い物した額と、クレジットカード会社から請求される合計額が、どちらも「支出」の扱いとなっている、という問題。この点について、マネーフォワード公式ブログに次のように書かれていました。

クレジットカードと銀行口座の両方を登録していると、クレジットカードの使用額と、銀行でのクレジットカード引き落とし額の、2つのデータが重複して入出金履歴に記載されることになります。

なるほど、そりゃそうだ!私の場合も、クレジットカード、銀行口座の両方を連携させていました。

マネーフォワードも当然こうした事象が起こることは想定しており、それを解決するために「振替機能」というものが用意されています。この機能を用いることで、ダブルカウントはあっさり解消されたのでした。

2.PASMOのことは割り切れば良し!

次に、マネーフォワードはPASMOとの連携が簡単でなく、私の場合、電子マネーによる支出を記録できないという問題がありました。ただ、よくよく考えてみると、今のエクセル家計簿でも、PASMOにチャージしたときにチャージ額を計上するだけで、PASMOでの支払いを一つ一つ記入していたわけではありませんでした。

どうやら私はマネーフォワードという文明の利器に舞い上がり、過剰な期待をしていたようです。つまり、これまでのやり方を踏襲しさえすれば、PASMOのことがマネーフォワード利用の障壁にはなり得ないのです。この問題は割り切れば解決、というわけです。

3.そして、妻の各種口座も連携へ

最後は、私の口座やカードだけ連携させても家計全体を把握できない、という根源的な問題です。「どうせ利用するならできる限りのことはやってみたい」と考えた私は意を決し、機嫌の良さそうなときを見計らって妻に打診。

私「ねえ、君の銀行口座と証券口座、それにクレジットカード、マネーフォワードに登録していい?」

妻「やれば(無関心)」

との阿吽の(?)やり取りを経て、妻の情報も連携させることにしました。やはり、現在の資産の状況、月単位の収入額・支出額などが一目で分かるのは安心感を生むような気がします。それにしても妻は何故あんなにもおカネのことに無関心なのだろう…。

なお、無料会員の場合、口座やカードとの連携は10種類までしかできないことが判明。夫婦2人分となると、すぐに10種類に達してしまいました。このため、使用頻度の少ないカードやショップサイトは登録できず、今後も手入力で管理することになりそうです。

 

我が家のこれから家計管理の在り方如何?

最低限の使用環境が整ったかに見える、私のマネーフォワード。「予算管理」などの機能は未使用で、まだまだ使いこなせているとは言えませんが、しばらく利用を続けてみようと思っています。

一方で、エクセル家計簿も引き続き管理しています。その分、二重に手間がかかっていますが、一度、両者を突合してみるつもりです。それで誤差が小さい(精度に問題ない)と分かれば、マネーフォワードへの完全移行を検討しようと考えている今日この頃です。

マネーフォワードをダウンロードしたよ

我が家では、2014年からエクセルで家計簿をつけています(それ以前はリアル家計簿を使っていました)。エクセル家計簿はずっと同じ様式で、こんなシンプルかつプリミティブなものです。「●●」「▲▲」は、私と妻の名前が入り、それぞれの個人的な支出を記載するというルールとなっています。

f:id:unicorn5:20170505224502p:plain

 

幸い、これまで「今月もまた赤字だわ~」(byのび太ママ)といったことはなかったので、家計をやりくりするためというよりは、「今月はちょっと使いすぎたな」「今月は収入が減ったけど、残業が少なかったからね」といったことを大まかに振り返るため、という意味合いが強かったように思います。

入力頻度は1~2週間に1回程度。これはレシートがたまるタイミングで、エクセルの入力は主に私の仕事になっていました(妻はちまちました作業がとても苦手)。

そんな中、「せっかくスマホを手に入れたことだし、どれどれ話題の家計簿アプリでも使ってみるかな」という軽い気持ちで、このたびマネーフォワードをダウンロードいたしました。

moneyforward.com

 

このアプリの利用を始めてまだ3日。当然うまく活用するには至っていませんが、今のところ次のような感想を持っています。

銀行口座、証券口座の残高が一目で分かるのは便利!

私の場合、メインバンクとして三井住友銀行、サブバンクとして住信SBIネット銀行を利用しており、SBI証券でインデックスファンドとMRF保有しています。マネーフォワードと銀行口座・証券口座をつなぐ(連携する)ことにより、自動で口座の情報を取得してくれ、アプリ上でそれぞれの口座の残高を一目で知ることができます。

自分のそれぞれの口座の状況を日々チェックする必要は全くありませんが、月に一度くらいはこのアプリで確認すれば、資産状況を俯瞰できるので便利だと思います。

カードの支払いがすぐに入出金履歴に反映されて、一見良さげだが…

さらに、クレジットカードと連携させれば、その利用情報を自動で取得してくれるようで、3日前にカードを使って支払った額が、お店の名前とともにその日の入出金履歴の中にしっかりと記載されていました。

でも、他の履歴を見てみると、あれ、クレジットカードの毎月の合計支払額も「出金」の扱いで記載されている…。これってダブルカウントされているのでしょうか。もう少し検証が必要です。

PASMOと連携できないのは痛い!

マネーフォワードをお勧めしている方のブログを見ると、「クレジットカードと電子マネーを多用する人に最適」という評価が数多くなされています。私は通勤に東京メトロを利用していることもあり、電子マネーとしてはPASMOしか持っておらず、特に平日はほぼPASMOからしか支出しません。しかし、残念ながらマネーフォワードとの連携はできない模様。

いや、厳密には、ICカードリーダーのアプリを使えば連携できるようですが、これまた残念なことに私の端末は対応していないとのことで、そのアプリをダウンロードができませんでした。

やっぱりエクセル家計簿は引き続き使わざるを得ないかな

これは根源的な問題なのですが、一家の家計全体を管理しようとすると、妻の口座やカードとも連携する必要があります。お互いの買い物に対して隠し事はしない夫婦関係であるつもりですが、そこまでキレイに妻の支出状況を把握してしまって良いのか?という思いがあります(逆もまた然り)。

また、ミクロの話では、近所の薬局とクリーニング屋でそれなりの支出を要するにもかかわらず、この両店はこのご時世にしてキャッシュオンリーなので、アプリの自動機能のみで家計簿作成をほぼ完結させるという「手抜き」は難しそうです。レシートを写真撮影すれば自動で家計簿に入力してくれるという機能もあるのですが、何度か使った感じでは微妙な精度でした。

というわけで、今のところマネーフォワードを使い始めたからといって、直ちにエクセル家計簿がお役御免とはならない気がします。

まだだ、まだ分からんよ!

以上、便利な機能に驚く一方、ネガティブな感想も抱いてしまったわけですが、それは利用開始してまだ3日目だからに過ぎません。もっとtrial and errorを繰り返してマネーフォワードを使いこなせるようになれば、またこのブログの場でご報告したいと思っています。

これまでの記事にカテゴリーを付けました

ブログを始めてちょうど半年。「週1回ペース」という、亀の歩みのような更新頻度ですが、記事数も積み重なってきました。

そこで、GWで時間に余裕があることもあり、自分の頭の整理のため、また、読者の皆様の利便性向上のため、遡ってこれまでの記事にカテゴリーを付けました。

こうして過去の記事をカテゴリー別に整理してみると、「もっと多様なテーマで記事を書いてみようかな」という意欲も湧いてきました。とは言え、「多くの人に価値を提供する記事を書く」というのは本当に難しいことで、自分の知識を深めたり、自分の考えをまとめたりすることにもブログを続ける大きな意味を見出している今日この頃です。

引き続きご愛読をよろしくお願いいたします。