開店休業 インデックス投資Way

霞が関で働く国家公務員が、資産運用・NISA・iDeCo(個人型確定拠出年金)など、おカネについて綴ります。

今更ながらSBI証券の「投信積立銀行引落サービス」は便利だ

f:id:unicorn5:20170620001323j:plain

最近、ブログのネタをあれこれと考えるあまり、投資そのものがすっかり疎かになっていました。曲がりなりにもこのブログの中心テーマは投資のはずなのに…。

しかし、「疎かになっていた」といっても、投資という行為を一切していなかったわけではありません。何もしなくても自動的に投資が行われるような設定にしていたため、ちゃんと毎月一定額の積立投資が続けられていたのです。

 

そのことに大きく貢献したのが「投信積立銀行引落サービス」です。

このサービス、インデックス投資家の多くの方にとっては、既に馴染み深いものだと思います。しかし、ここ数か月、ブログにかまけて証券会社のウェブサイトをまったく訪れていなかったにもかかわらずコツコツ投資されていたことに、私は改めて感動しました。ですので、いくら今更感が強かろうとも、このサービスの素晴らしさについて紹介したいと思うのです。

なお、この記事は、私が実際に利用している「SBI証券の投信積立銀行引落サービス」についてのものです(他の証券会社にも同様のサービスがあります)。

 

1. どんなサービス?

SBI証券のサイトには次のように紹介されています。

投信積立の代金を、手数料無料でお客様ご指定の銀行口座から毎月自動的に引落して買付ができるサービスです。

証券総合口座へのご入金の手間を省き、ご設定いただいている月々の投信積立を滞りなく続けていただくことができます。

そう、このサービスのキモは、証券口座に手動で投資用の資金をいちいち入金しなくても、自動で銀行口座から一定額を引き落として、証券口座に入金してくれるというものです。手数料はもちろん無料。

このサービスにより、「証券口座が残高不足で今月は積立買付できなかった」とか「念のため多めに証券口座に入金したら、今度はメインバンクの残高が寂しくなった」という事態は回避できるようになります。

 

2. 引落額をあらかじめ設定する必要は、ない!

サービスの利用にあたり、銀行口座からの引落額を設定することにはなりません。

というのも、このサービスは「投資信託の自動積立買付」の設定と連動しており、あらかじめ設定してある積立買付の額の分だけが銀行口座から引き落とされることになっているのです。

つまり、例えば、毎月「ニッセイTOPIXインデックスファンド」を5万円分買い付ける設定にしていた場合、投信積立銀行引落サービスを利用すれば、事前に5万円ポッキリが銀行口座から引き落とされます。複数のファンドを買い付けることにしていれば、引き落とされるのはその合計額となります。

積立金額を頻繁に変える方にとっては、いちいち引落額を変更しなくても、ちゃんと連動してくれるので楽ちんですね。

 

3. 引落・入金・買付の流れ

銀行口座から証券口座にどのようにお金が移動するのか。その流れを知らなくてもサービスの利用にそれほど支障は生じませんが、そこは自分のおカネのこと、知っておいて損はないと思います。

SBI証券のサイトに詳しく書かれてありますが、少し複雑なので自分なりに噛み砕いて説明してみます。説明にあたり、(1)引落請求日と引落日、(2)入金日、(3)買付日(申込日)の3つのフェーズに分けます。

(1)引落請求日と引落日

時系列でいえば、引落請求日→引落日の順となるのですが、便宜上まず「引落日」から触れることにします。

銀行口座からの引落日は、毎月14日か27日のいずれかから選びます。この2つの日に限定されているのは、単に「SBI証券がそう決めているから」というだけです(楽天証券の場合は7日か24日から選択)。

毎月の引落日を選ぶと、その10営業日前が「引落請求日」となります。この引落請求日をもって、引落日に銀行口座から引き落とされる金額が確定します。例えば、毎月「14日」を引落日に選んでいた場合、7月14日(引落日)に引き落とされる額は、6月29日(引落請求日)に確定します。

引落額と積立買付額は連動しているので、6月29日時点で設定している毎月の積立買付額が10万円であれば、引落請求額は10万円であり、7月14日に銀行口座から引き落とされるのも10万円ということになります。

この場合、6月30日から7月13日の間に積立買付額を変更したとしても、7月14日に引き落とされるのは、あくまで6月29日時点で設定している積立買付額分であることに注意が必要です(変更後の積立買付額は、7月27日(次回引落日である8月14日の10営業日前)の引落請求日から反映)。

(2)入金日

14日(例えば7月14日)に銀行口座から引き落とされた額は、同月末日(例えば7月31日)の「入金日」に証券口座に入金されます。

余談ながら、その間、16日のタイムラグがありますね。さて、この16日間、引き落とされたお金はいったいどこにあるのでしょう?

おそらく、SBI証券が自分の手元に置いて、安全な短期運用をしているのだと思われます。一人ひとりの積立額は少なくても、サービス利用者の分を全部まとめると莫大な金額となります。投信積立銀行引落サービスは手数料無料という極めてユーザーフレンドリーなサービスなのですが、SBI証券は、この16日間をうまく利用して、サービスの運用にかかるコスト分などを稼いでいるのではないかと勝手に想像しています。

(3)買付日(申込日)

投資信託の積立買付の日は、投信積立銀行引落サービスの「枠外」の話です。つまり、投資信託の積立買付を行う場合には、「ファンド」や「積立金額」の他に「申込日」を設定することになっていますが、結局、投資信託がいつ買われるかは、この申込日次第ということになります。投信積立銀行引落サービスの守備範囲はあくまで証券口座への入金までなのです。

このため、通常、投資信託の買付日(申込日)は入金日の「後」にしておくことが必要なのは言うまでもありません。

 

4. どうすればサービスを利用できる?

SBI証券の場合、ここにある「投信積立銀行引落サービスのお申し込み」というボタンをぽちっと押して、画面の指示に従っていけば簡単に利用することができます。 

サービスの利用開始当初は、念のため、少なくとも1か月分の積立投資資金を手動で証券口座に入金しておくことをおすすめします。引落請求日、引落日、入金日のサイクルに慣れないうちは(まあ、サービスを利用し始めると後はほったらかしになるので慣れることは通常ないのですが)、買付日にまだ1回目の入金日が到来しておらず、結果として残高不足になってしまった…というケースが大いにあり得るためです。

 

5. おわりに

今回ご紹介した投信積立銀行引落サービスと、自動積立買付の設定を組み合わせれば、毎月のインデックス投資はものすごく楽ちんなものになります。その単調さゆえ、ときに物足りなさを感じることもありますし、正直ブログネタにもなりにくいのですが、今回の私のように、投資への関心が薄れているようなときでも継続的に積み立ててくれるのはとても便利です。

まだこのサービスを使っていない方は、ぜひ一度試してみては如何でしょうか。 

インデックス投資ナイトのチケットをゲットして初参加することになった今の気持ち

f:id:unicorn5:20170618153838j:plain

7月8日のインデックス投資ナイトのチケットを買うことができました。初めての参加です。

イベントの存在自体は数年前から知っていたものの、これまでは「自分には関係ないや」と横目でスルーしていました。しかし、昨秋からブログやtwitterを始めたこともあり、今回は「もし取れたら行ってみよう!」と、強い決意でチケット争奪戦に臨んだのでした。

自分は思いのほかあっさり確保できたのですが、やはりチケットを買えなかった方が続出したようです。著名なブロガーの方々をはじめ、多くの方の「無念の呟き」に接し、自分ごときが嬉々として参加して良いのか、との迷いが頭をよぎります。だってオラは零細投資家だから…。

また、一抹の不安もないわけではありません。当日の会場には、おそらく私の知り合いはいないと思われます。過去に「結婚式2次会で新郎以外知り合いゼロ」という経験がありましたが、今回はそれ以上にアウェイな状況といえるでしょう。

私は「お酒があれば誰とでも仲良くなれる」というタイプではないので、会場に一人ぽつねんと立ちすくみ、手持ち無沙汰にしている自分の姿をありありと想像してしまいます。

 

そんなこんなで、ネガティブな気にもなるのかなんて考えたりするけど(by小沢健二)、きっと私と同じような方も他にいらっしゃるはずですし、そもそも覚悟の上でチケットを取ったのです。せっかく運良く巡ってきたこの機会、卑屈になったり遠慮したりせずに、大いに楽しみたいと考えています。

インデックス投資ナイトに参加される皆様(で、このブログを読んでくださっている方は皆無に近いでしょうが…)、会場で私から話しかけることもあるかと思いますので、その際はどうか優しく応じていただけると嬉しいです!

確定拠出年金の教科書(山崎元著)を読了

投資や資産運用、保険など、おカネのことに関する「重鎮of重鎮s」、山崎元氏の確定拠出年金本を読みました。 

確定拠出年金の教科書

確定拠出年金の教科書

 

 

私は、多くのインデックス投資家がそうであるように、山崎氏の切れ味鋭い語り口のファンであります。

本書でもその「刃」はやはり健在でした。「自己責任」というワードが常に付いて回る投資の世界において、「確定拠出年金の運用は『合理的』に一つに決まる」と断言されているあたりからして、清々しくてとても好みです。実際にも、運用商品の選び方、アセット・アロケーション、アセット・ロケーションなど各段階において、明快な「解」が述べられています。

一方、私にとっては、いろんな選択肢や考え方を示されるよりも、「これがベストだ!」と言い切ってくれることが、むしろ「本当にそうなのか?」と考えるきっかけになっています。そうした意味でも山崎節は自分に合っているのかなと考えています。

もちろん、この本で推奨されている数々の方法や原則は、すべて信じるに値するものです。何も考えずに確定拠出年金を始めたい人は、この本に書かれてあることをそのままそっくり真似ても良いと思います。

本の難易度としては、やや高めかもしれません。私くらいの中級者なりかけレベルが読んで、ようやく大部分を消化できる程度でしょうか。ただ、「教科書」との名を冠するとおり、じっくり確定拠出年金のことを勉強したい人にとっては、初心者であれ何であれ、これ以上の教材はありません。

惜しむらくは、入稿前日に確定拠出年金法改正案が成立したということもあり、必ずしも改正法の内容を踏まえた記載となっていない箇所がいくつか見られたこと。これはあくまで推測ですが、初めは旧法に基づいて執筆されていて、後から大きく内容を変えない範囲で新法の記載を書き足したような印象です。その点では、改訂版を心待ちにしたいと思います。

 

と書いていたら、山崎氏の新著の情報が飛び込んできました。 

こちらの本は、個人型(iDeCo)中心の内容とのこと。おそらく改正法をくまなく反映させているに違いありません。また、楽天証券を運用管理機関とした想定で解説されているということで、さらに実用的な内容と思われます。新書なので、入門書としても気軽に読めそうです。 

我が家のバランスシートを作成

f:id:unicorn5:20170604064320j:plain

著名インデックス投資ブロガー、じゅん@さんの次の記事に触発され、我が家でもバランスシートを作成することにしました。


バランスシート」とは、財務諸表の一つで「貸借対照表」とも呼ばれています。例えて言えば、会社の「健康状態」をチェックするためのツールなのですが、家計にも応用可能で、「ある一時点でどのような種類の資産を持っていて、それらはどのような資金で構成されているか」を把握することができます。

我が家の家計でバランスシートを作成するにあたっては、まず、マネーフォワード(最近このブログで頻繁に登場…)を使い、その時点の資産と負債の内訳を把握します。金額は伏せさせていただきますが、これらの情報は簡単に取得することが可能です。

<資産>

  • 現金・預金 ***円
  • 投資信託 ***円
  • 債券 ***円
  • ポイント・マイル(極めて少ないため以下省略) ***円

<負債>

  • クレジットカード利用残高 ***円
  • 住宅ローン ***円

 

これらのうち、資産はすべて「流動資産」に、クレジットカード利用残高は「流動負債」に、住宅ローンは「固定負債」にそれぞれ分類できます。

一方、「固定資産」である不動産はマネーフォワード上は管理されていませんので、これを付け足す必要があります。ただ、不動産は他の資産・負債と違って、「今いくらの価値があるか(今ならいくらで売れるか)」が分かりません。

我が家のマンションは2014年3月に購入したもので、その後、住宅市場はさらに過熱したとはいえ、中古は中古。まるまる購入価格で計上する訳にもいかず、むしろ保守的に現在価値を考えた方が「健康状態」の把握には良いと思います。このため、じゅん@さんに倣い、保有マンションの評価額を「購入価格の半額」としました。自動車は持っていないので、これで固定資産の評価も終了。

左側(借方)に資産を、右側(貸方)に負債を並べれば、6月10日時点のバランスシートの出来上がりです。

f:id:unicorn5:20170604074228p:plain

「資産」と「負債+純資産」が同額となって、つまりバランスしています(資産から負債を引いたものを「純資産」と呼んでいるので当たり前なのですが)。

なお、同様に、このバランスシートでは資産・負債それぞれの額を伏せています。ですので、これだけ見ても資産と負債の状況はなんのこっちゃ分からず、実際には数字入りのものを眺めることになります。そして、例えば、「資産<負債」となっていれば、いわゆる「債務超過」であり、「資産をすべて売却してもなお借金が残る」という、かなり危険な家計状況だということが分かったりするのです。

幸い、我が家の資産状況は債務超過にはなっておらず、むしろまあまあ良好でありました。住宅ローンは10年目まで今のペースで返済していけば問題なく(過去記事参照)、他にも特に目立った課題は見当たりませんでした。

ということで、当面心掛けるべきことは、真面目に働いておカネを稼ぎ、その中から投資信託をコツコツ積み立てていくこと、でしょうか。極めて地味でありますが。

固定資産税・都市計画税の納税通知書が届きました

f:id:unicorn5:20170606011316j:plain

今年も東京都の管轄都税事務所長から、固定資産税・都市計画税の納税通知書が届きました。

この通知書を受け取るようになって3回目になりますが*1、毎回「こんなに高いの!?」と驚きます。なにせ2ケタ万円なもんで。

しかも、新築住宅については、一定期間、家屋分の固定資産税が2分の1になるという減税措置があるところ、この「2ケタ万円」というのは減税適用後の額なのです。

おそらく我が家はあと1年だけ減税の恩恵を受けられるはずで*2、その後は本来の固定資産税額を支払うことになります。3年ごとに固定資産の評価額が見直されるものの、単純に考えれば今の固定資産税が倍になるわけで、どれだけ増えるかが容易に予想できてしまいます。

これらのコストがかかることは十分覚悟したうえでマンションを買ったとはいえ、のしかかってくる重い負担に今から戦々恐々としています。

 

新築マンションのチラシに気を付けろッ!

今回のような納税通知書を受け取るたびにつくづく思うことがあります。それは、新築マンションのチラシでよく見る「今の家賃と同じ額で家が買える!」といった謳い文句が酷くミスリードであるということ。

家賃には通常、大家が支払う固定資産税分などが転嫁されていますが、家を買うと、毎月のローン額に加え、毎年それなりの額の固定資産税・都市計画税を支払う必要があるのです(さらに、これらに毎月1~2万円台の管理費・修繕積立金の支払いが加わる)。

チラシの煽りを真に受け、「家賃と同じくらいの負担なら、資産として残る分、買っちゃったほうがおトクだよね~」という理由でマンションを買ってしまうときっと痛い目に遭うぞ、間違いない!…と独り言つ6月のある日でした。

*1:固定資産税は毎年1月1日に固定資産(土地・家屋等)の所有者が納める税金なので、マンションを購入した年の固定資産税は不動産会社が納税し、私たち夫婦は物件引渡し日以降分の税を日割り計算で負担しました

*2:減税となる期間は、認定長期優良住宅の場合、新たに固定資産税が課税される年度から5年度分(3階建て以上の耐火・準耐火建築物は7年度分)で、それ以外の住宅の場合、新たに固定資産税が課税される年度から3年度分(3階建て以上の耐火・準耐火建築物は5年度分)※東京都主税局ウェブサイトより

比較検証!マネーフォワードとエクセル家計簿

f:id:unicorn5:20170603171729j:plain

5月初めから、それまでの手入力のエクセル家計簿と並行して、マネーフォワードで家計簿を付け始めました。マネーフォワード関連記事の第3弾で、これまでの記事は以下の2つです。

 

我が家のエクセル家計簿は、レシートをすべて残しておいて1~2週間に一度、私が入力することで作成しています。収入については、給料日に明細を見て、夫婦の給与額をそれぞれ記入するのみ。

マネーフォワードは、お給料が銀行口座に振り込まれれば収入として自動的に計上されるし、カードの支払いも3~4日のタイムラグの後、自動計上してくれます。唯一、現金払いしたものだけレシートを取っておいて手入力すれば、支出の全体像が把握できることになります。

ですので、基本的に両者の家計簿に大きな差はないのですが、何かしらの大きな抜けはないか、またダブルカウント(カードの支払い時と預金からの引き落とし時の重複)がちゃんと解消されているかを目視確認するため、5月の両家計簿を比べてみました。「マネーフォワード÷エクセル家計簿」の数値で表すと・・・

  • 収入:1.05
  • 支出:1.09
  • 収支:1.00

なんと、両者の数字はかなり近くなりました。我が家の支出管理はそれほど厳密ではないので、おそらくそれぞれ別の漏れがあり結果的に数字が似通っただけだと思われますが、それにしてもこれだけ近似したのは意外でした。

また、支出と比べ、収入は給与しかないぶん単純なはずですが、それでも差が生じたのは、一度、飲み会代を自分がカード払いした後、参加者から集めたお金を収入として計上したことが影響しています(エクセルなら自分の支払い分のみ入力すれば済むので、この点は面倒)。このほか、いずれも十円単位のわずかなものですが、アマゾンの値引きや普通預金の利息も収入とされていました。

ともあれ、私の場合、収支の状況を大まかに把握できれば十分と考えているため、今回の比較検証により、「今月からマネーフォワード一本で行こう」という結論に達したのでした。

エクセル家計簿は先月をもって引退となります。3年2か月の間、どうもお疲れ様でした。これが時代というやつですね。

クリーニングとポロシャツと私

f:id:unicorn5:20170609225045j:plain

昨年10月、一大決心の末、それまで家で洗濯してアイロンがけしていたYシャツをクリーニングに出すようにしました。そのときの記事はこちら。

アイロンがけのない生活、それはそれはゆとりがあって素晴らしい日々でした。しかし、やがて春となり、今年もクールビズの季節が到来。元々「クールビズ期間はクリーニングは利用しない」という自分ルールを課していたものの、5月中はまだ肌寒い日も続いたので、長袖のYシャツ・ノーネクタイというスタイルに。そして週末にはYシャツ5枚抱えてクリーニング屋に通うという日々でした。

そんな中、いよいよ暑くなってきました。長袖はもうキツい。クリーニングもいったんは卒業か…。でも、人間、一度楽を覚えてしまうとなかなか元には戻れないもので、再び自らアイロンをかけることに抵抗感を拭い切れません。

熟慮の結果、ポロシャツを買い足し、週5日すべてポロシャツを着ていくことにしました。ポロシャツなら、アイロンがけもほとんど不要なので心理的負担は少なく、貴重な週末の時間ロスも最小限となりそうです(ちなみに、近所のクリーニング屋にポロシャツを出すと500円近く取られるので、むしろその選択肢はあり得ない)。個人の好みとしても、涼しい上に身体がらくちんなポロシャツはとても自分に合っていると思います。

唯一、国会議員に説明に行く際は、ちゃんとしたYシャツに着替える必要もありそうですが(このためロッカーには半袖Yシャツを1枚常備)、国会が閉会すればそんな機会も多くはないかなと。

ということで、今年のクールビズ期間の「アイロンがけ」問題は、ポロシャツ5枚体制で乗り切りたいと思います。