開店休業 インデックス投資Way

霞が関で働く国家公務員が、資産運用・NISA・iDeCo(個人型確定拠出年金)など、おカネについて綴ります。

スマホを持つ上で心掛けている3つのこと

f:id:unicorn5:20170807220825j:plain

 

昨年12月にスマホを手に入れて8か月、もはやその便利さに後戻りできなくなってしまいました。


通話以外によく使っているアプリは、K-9 mail 、Google Chrome、カメラ、カレンダー(手帳替わり)、Twitter、LINE、Money Forward、YouTubeGoogle Mapくらいなもので、そんな自分はきっとライトユーザーの部類に含まれるのでしょう。

それでも、分からないことをその場でさっと調べたり、スキマ時間を利用してメールを処理したり、道に迷わずに目的地にたどり着いたり…と、スマホのおかげでQOLが大いに向上しました。

このように、スマホはとても素晴らしい文明の利器に違いありません。ただ一方で、つい夢中になって触りすぎてしまうこともしばしば。便利すぎるが故の独特の中毒性があります。

ですので、今回は、スマホに関して普段から心掛けていることとして、3つの自分ルールを紹介します。

 

「ながら」でスマホを見ない

まず、筆頭格は歩きスマホをしないこと。「危険な行動」として一般的にも認知されていますが、それをしないのは当たり前といえば当たり前のことです。

しかし、現状、その危険行為を犯している人の何と多いことか。

朝や休日など、子ども(幼児)の手を引いて歩いていると、正面から歩きスマホの人がずかずか向かってきて、怖い思いをすることが多々あります。公道を歩くときは周囲への配慮を忘れないでほしいものです。

自分の場合、どうしても道端でスマホを操作しないといけなくなったときは、道の脇に移動して立ち止まってからにするようにしています(忙しい現代人にとって「立ち止まる」というのはなかなか難しいことのように思えるのですが)。

また、食事しながらスマホを見ている人もよく見かけます。一言でいえば「行儀が悪い」というのに尽きるのですが、傍から見ていても愉快な気持ちにはなれません。

パンやおにぎりを食べながら…とかならまだしも、箸を使いながら左手にはスマホ、というのはみっともないですし、外食の場合はお店の人にも失礼では。

さらに酷いと思うのは、用を足しながらもう片方の手でスマホをいじっている人。衛生的にも良くありません。

こうした「ながら」でのスマホ操作は、本人にとっては効率的に時間を使っているのかもしれませんし、「迷惑をかけていないから勝手だろ」ということなのかもしれません。しかし、私には嫌な気分になることの方が多いので、「己の欲せざるところ人に施すことなかれ」というスタンスでいます。

 

電車の中ではスマホを見ない

今や電車の中では、8割くらいの人がスマホを眺めている気がします(自分調べ)。何をそんなに一生懸命になっているのかと画面をチラ見してみると、ゲームや漫画などが多いように思います。

それ自体は気分転換になることもあるので頭から否定することはしません。しかし、もしそれだけのために時間を使っているのだとしたら、「もったいないな」という気がします。

私は働き始めて以来、電車に乗っている間の時間は読書の時間と決めており、スマホ入手後もその慣習を継続しています。

というのも、帰宅後は「風呂に入って寝るだけ」(by ユニコーン「働く男」)ということも多く、まとまった読書の時間は行き帰りの車内だけしか確保できません。この貴重な時間をスマホによって失わないようにしようと心掛けているのです。

ただ、1~2年前と比べると、最近、電車の中で本を読んでいる人の数が増えた(元に戻ってきた)ような気がします。多くの人がもったいない時間の過ごし方をしていることに気付き、車内の時間を有効活用しようとしているのかもしれません。

 

「風呂後・就寝前」はスマホを見ない

私の場合、一日を「お風呂→就寝」で締めくくるという生活リズムができています。このため、お風呂から上がった後は、寝る直前ということになるわけなのですが、このときに極力スマホを見ないようにしています。

「後は布団に入るだけ!」となった状態では、気が大きくなっていつも以上にスマホで遊んでしまいそうになりますが、そこはグッと我慢です。

もはや有名な話ながら、スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトは寝付きを悪くするといわれています。酷いケースでは睡眠障害を招くこともあるとか。

せっかくお風呂に入って身体も脳もリラックスした状態になったというのに、直後にスマホをいじって覚醒させてしまうのは得策ではありません。

ただでさえ満足な睡眠時間を取ることができない日々。少しでも質の良い睡眠をとって、明日の生活に備えること、健康な身体を維持することを優先させたいと思っています。 

 

次の目標はスマホ絡みの無駄時間を減らすこと

とか何とか偉そうなことを言いながら、今日もついついスマホを触ってしまう私。スマホからは貴重な情報をたくさん得られていますが、無駄無駄無駄ァッ!な時間を過ごしているのもこれまた事実です。

次の目標はそうした時間を少しでも減らすこと。試行錯誤しながら、早くスマホとの上手な付き合い方を確立していきたいと思います。